とてもユニークな結晶形の水晶アクセサリー

dc192

まず、この板状の形がとてもユニークです。

ここまで厚みのないものはなかなか見当たらないですね。

私の作品にはいくつかありますが、

1000を超える水晶の中からのいくつかですから少ないですよ。


次に柱状水晶の様に見えるのに、実は粒タイプの水晶なんです。

その証拠に純銀キャップの正面左側が少し凹んでいます。

ここが結晶形になっている証拠なんです。


まあ、粒タイプでも柱状タイプでも水晶には変わりはないので、

アクセサリーとして気に入るかどうかの問題ですね。

小さなクラックや気泡らしきものはあるのですが、

不純物というか取り込まれた物は肉眼で判別できるものは見えないです。

このクラックたちがなかなかで、

水晶内で暴れてくれています。

そのおかげできれいに見える部分もあるので。

何もなかったらガラス板だと思われます。

キラキラしているのでいわれのある石の様に見えるではないでしょうか。


原石のままですので、

小さな傷とかはありますが整った形をしています。

原石水晶アクセサリーとして身に着けて頂いても存在感があると思いますし、

ヒマラヤ水晶ですので、

パワーストーンとして身に着けるのもありだと思います。

愛着がわいてくると心を癒してくれるお守りの効果も出てくると思います。


作品に興味を持たれた方はcreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

他の作品も出品していますので、

原石水晶アクセサリーに興味のある方は覗いてみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。