2021年3月29日

沿線住民ですが、こういうことをしていたとは初耳です

投稿者: okuno nemunoki

叡山電鉄は大雨で貴船口手前の山肌が崩れ、

市原ー鞍馬間の運行ができずこの秋に間に合うかどうかという状況です。

山中を走るローカル電車で、雑木林も多く、ブナやナラ、カシノキも多いですね。

その間伐材を使ってシイタケを栽培していたとは。

シイタケ栽培に向いた場所は探せば見つかるでしょうけれど、

社員の方が片手間で行うのはなかなか大変だと思います。

今は運転できない区間があって人と時間があるでしょうけれど、

全線運行できるようになると人の手配が大変だと思います。

いらん心配でしたね。

これに限らず、

いろいろアイテムを作っておられますよ。

お菓子やキーホルダーとか。

去年今年と中止になりましたが、

日本酒列車やビール列車などのイベントも積極的です。

ローカル電車は人口減や車社会への移行で厳しい状況ですが、

地元の足として重要ですので、

頑張ってほしいですね。

参考記事:https://news.yahoo.co.jp/articles/b513c5017b437c4ae24183b3a984c0a0f84fb655

(画像はYahoo!検索画像からお借りしました)