同じイシスという特徴を持った原石水晶アクセサリー

同じ五角形と言っても随分と形が違います。

dc167

クリアーな水晶で、整った形をしています。

正面に細長い五角形の面があり、

これがシャープさをより引き立てています。

形がいいので、

原石水晶アクセサリーとして身に着けられてもいいですし、

お守り水晶としてもいいと思います。

この写真がより分かりやすいですね。

五角形はイシスと呼ばれ、癒しの効果を持つ水晶と言われています。

同じく五角形を持った原石水晶アクセサリー

dc169

これではどこにあるのかわからないですよね。

これだとよくわかりますね。

かわいらしいサイズの原石水晶です。

結晶形は綺麗で、

向かって右側にきれいに整った形の五角形、

イシスがあります。

ここまできれいな形のものはなかなかないです。

イシスは、女性的なやさしいエネルギーを持ち、心を癒す力があると信じられています。

なぜ五角形がイシスなのかは諸説あるのですが、

五角形が星を現しているというのが有力なようです。

それがなぜイシスなのかというと、

元々イシスは豊穣の神とされていて、

シリウスが登るとナイル川が氾濫を起こしそのあとに豊かな土が残り、

エジプトの豊かさを支えたので、

星=豊穣=イシスになったと言われています。

イシスは母性をも司る神なのだそうで、それで癒しと結びついたのかも。

今回の作品2つともcreemaさんに出品していて、

この作品たちに興味を持たれた方はcreemaさん内の京都ねむの木を除いてみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です