ユニークな形をした原石水晶のペンダントトップ

dc202

なかなかユニークな、

誰かが削ったような、

人工的なテイストにも見えるのですが、

ちゃんと自然で成長した水晶なんですよ。

なかなか凸凹しているのですが、

それがいい味出してます。


この形でもちゃんとした結晶形なので、

よほどアウトローな場所で育ったのかな。

粒タイプの水晶はユニークな形のものが多いので、

それに比べると優等生でしょうか。

水晶にとってはどうでもいい話ですが。


内部はクラックが多くて、

そのおかげでレインボーも現れますが、

この水晶はレインボーを見つけるのがなかなか骨が折れます。

すぐに見えなくなるので。


なかなかユニークな形ではありますが、

ネックレスとして身につけても面白いアイテムだと思いますね。

お守り水晶でもいいと思います。


お守り水晶にお願いすることはないという方もおられると思います。

それはそれでいいと思うのですが、

水晶が何か願いをかなえてくれるのではなく、

見守ってくれているのだと私は思っています。

ただただ見守るだけ。

なので身に着けていることを忘れていることも多いです。

頼る必要もなく生活できて、

空気みたいな存在であるのが本当は一番いいのではと思っています。


作品に興味を持たれた方はcreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。